Publication News by Members

エコクリティシズム研究学会による出版 (1998年〜 )

【研究書】

4) 『エコクリティシズムの波を越えて―人新世の地球を生きる』 (音羽書房鶴見書店) 2017年5月刊

    http://www.otowatsurumi.com/detaitankou.htm#econami

           エコクリティシズムの波を越えて

3)   シリーズ 《エコクリティシズム研究のフロンティア》 (英宝社)

        第6巻 『資本主義から環境主義へーーアメリカ文学を中心として』 (2016)

          http://www.eihosha.co.jp/monograph/978-4-269-75034-0.html

          資本主義から環境主義へ


    第3巻 『核と災害の表象―日米の応答と証言』 (2015)

          http://earesearchers.blog.so-net.ne.jp/2015-04-01

          核と災害の表象

       

     第4巻 『スコット・スロヴィックは語る―ユッカマウンテンのように考える』 (2014)

            http://earesearchers.blog.so-net.ne.jp/2015-03-30-16

           scottsspeaks 
      



2)『エコトピアと環境正義の文学――日米より展望する広島よりユッカマウンテンへ』 (晃洋書房) 2009

1)『新しい風景のアメリカ』 (南雲堂) 2003


 
【翻訳書・ガイドブック】

1)フロム、アレン、ビュエル他著 『緑の文学批評――エコクリティシズム』共編訳 (松柏社) 1998

2)ローレンス・ビュエル著 『環境批評の未来――環境危機と文学的想像力』監修共訳 (音羽書房鶴見書店) 2009
            
3)『オルタナティヴ・ヴォイスを聴く――エスニシティとジェンダーで読む現代英語環境文学103選』 (音羽書房鶴見書店) 2012
            



エコクリティシズム研究学会会員による新刊情報 (2009年4月〜 ) 2017年6月更新

61) 『ディズマル・スワンプのアメリカン・ルネサンス――ポーとダークキャノン』 (音羽書房鶴見書店、2017)
 
 http://www.otowatsurumi.com/detaitankou.htm#dismalswamp

60) 読者ネットワークの拡大と文学環境の変化―19世紀以降にみる英米出版事情』 (音羽書房鶴見書店、2017)
  
http://www.otowatsurumi.com/detaitankou.htm#network

59)
環境人文学II 他者としての自然』 (勉誠出版、2017)

58)
環境人文学T 文化のなかの自然』 (勉誠出版、2017) 

57) 
『新たなるトニ・モリスン - その小説世界を拓く』 (金星堂、2017)

56)
Environmental Humanities: Voices from the Anthropocene    (Rowman & Littlefield, 2017)

55) 『「場所」のアジア系アメリカ文学−−太平洋を往還する想像力』  (松山大学研究叢書、晃洋書房、2017)
     http://www.koyoshobo.co.jp/booklist/12648/

54) 『架空の国に起きる不思議な戦争―戦場の傷とともに生きる兵士たち』 (開文社出版、2017)
     http://www.kaibunsha.co.jp/books/view/507

53) 『NHKカルチャーラジオ 文学の世界 はじめてのソロー ―森に息づくメッセージ』 (NHK出版、2016)

   アマゾンページ 
はじめてのソロー
 http://www4.nhk.or.jp/P1929/ ←伊藤詔子先生のお話がラジオで放送されます(2017年1月5日放送開始)    


52) 『アメリカ文学にみる検閲と発禁』 (彩流社、2016)



51) 『ホロコーストとユーモア精神』 (彩流社、2016)


50) 『ヘンリー・ジェイムズ、いま』 -没後100年記念論集- (英宝社、2016)


49) 『E・A・ポー ポケットマスターピース09』−集英社文庫 ヘリテージシリーズ- (集英社、2016)


48) 『モンロー・ドクトリンの半球分割』(彩流社、2016)
  http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2246-0.html

47) 『ケンブリッジ版カナダ文学史』(彩流社、2016)


46) 『身体と情動アフェクトで読むアメリカン・ルネサンス』(彩流社、2016)


45) 『フィギュール彩58 盗まれた廃墟ポール・ド・マンのアメリカ』(彩流社、2016) 


44)『ホーソーンの文学的遺産』(開文社、2016)


43) 『マーク・トウェイン』 (集英社文庫ヘリテージ・シリーズ、2016)
  http://www.shueisha.co.jp/pocketmasterpieces/06.html

42) 『共和国のロマンス』 (新水社、2016)
  

41) 『世界を変えた森の思想家―心にひびくソローの名言と生き方』 (研究社、2016)
  http://webshop.kenkyusha.co.jp/book/978-4-327-47232-0.html

40) 『変容するアメリカの今』 (大阪教育図書、2015)

  

39) 『欧米社会の集団妄想とカルト症候群―少年十字軍、千年王国、魔女狩り、KKK、人種主義の生成と連鎖』 (明石書店、2015)
  http://www.akashi.co.jp/book/b209935.html

38) 『国際SFシンポジウム全記録 冷戦以後から3・11以後へ』 (彩流社、2015) 
  
http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2170-8.html

     
国際SFシンポジウム全記録 ©彩流社 

    本学会の共催で開催されたパオロ・バチカルビ広島講演会などの記録も掲載
     

37) 『アメリカン・ロードの物語学』 (金星堂、2015)
  

36) 『グローバル・イングリッシュならフィリピンで――セブ・シティから世界をつかめ!』 (近代文藝社2015)
     http://www.kindaibungeisha.com/01.php

35) 『Gatsby & Lennon: アイリッシュ・ソウルの系譜』 (近代文藝社、2015)

    http://www.kindaibungeisha.com/02.php

34) 『映画とテクノロジー (映画学叢書)』 (ミネルヴァ書房、2015)
  https://www.minervashobo.co.jp/book/b167991.html

33) 『ユダヤ系文学と結婚』 (彩流社、2015)
  http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2082-4.html

32) 『白鯨 (シリーズ もっと知りたい名作の世界)』 (ミネルヴァ書房、2014)
  
http://www.minervashobo.co.jp/book/b184832.html

31) エスニック研究のフロンティア』(金星堂、2014)


30) 『文学から環境を考える エコクリティシズムガイドブック』 (勉誠出版、2014)
      http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&cPath=9_13_34&products_id=100394

29) 『冷戦とアメリカ:覇権国家の文化装置』 (臨川書店、2014)
    

28) 『越境する女――19世紀アメリカ女性作家たちの挑戦』 (開文社、2014)
     http://kaibunsha.co.jp/books/view/474

27)ユダヤ系文学に見る教育の光と影』 (大阪教育図書、2014)


26) 『憑依する過去――アジア系アメリカ文学におけるトラウマ・記憶・再生』 (金星堂、2014)
   http://www.kinsei-do.co.jp/library/?t=detail&c=1134

25) 『ピーボディ姉妹―アメリカ・ロマン主義に火をつけた三人の女性たち』 南雲堂、2014)
   

24) 『越境する英米文学人種・階級・家族 』 (音羽書房鶴見書店、2014
  
http://www.otowatsurumi.com/

23) 『アメリカン・ルネサンス――批評の新生』 (開文社、2013)
      http://www.kaibunsha.co.jp/books/view/462

22) 『言葉が生まれる、言葉を生む』 (ひろしま女性学研究所、2013)
     http://hirojoken-shinkan.sblo.jp/article/70515521.html

21) 『ロマンスの迷宮――ホーソーンに迫る15のまなざし』 (英宝社、2013)  
   http://www.eihosha.co.jp/monograph/978-4-269-74026-6.html

20) 『環大西洋の想像力――越境するアメリカン・ルネサンス文学』 (彩流社、2013) 
      http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-1876-0.html 

19) 『水と光――アメリカ文学の原点を探る』 (開文社、2013)
     http://www.kaibunsha.co.jp/books/view/452

18) 『アメリカの文化アンソロジー』 (大阪教育図書、2012)
     http://www.kaibunsha.co.jp/books/view/452

17) Poe’s Pervasive Influence Perspective on Edgar Allan Poe (Lehigh Penn Univ. P., 2012)


16) 『ソローとアメリカ精神』 (金星堂、2012)
  ソロー没後150年記念論集
   http://www.kinsei-do.co.jp/?t=detail&c=1119

15) 『ヘミングウェイ大事典』 (勉誠出版、2012)

14) 『世界文学史はいかにして可能か』 (成美堂、2012)
     https://www.seibido.co.jp/g00/g0100001t.htm

13) 『亡霊のアメリカ文学:豊穣なる空間』 (国文社、2012)
     http://www.kokubunsha.co.jp/archives/ISBN978-4-7720-0967-6.html

12)『カウンターナラティヴから語るアメリカ文学』 (音羽書房鶴見書店、2012)
   http://www.otowatsurumi.com/detaitankou.htm#counter

11) 『マーク・トウェインと近代国家アメリカ』音羽書房鶴見書店、2012)
     http://www.otowatsurumi.com/detaitankou.htm

10) 『時間と空間のなかのメルヴィルポストコロニアルな視座から解明する彼のアメリカと地球』 (晃洋書房、2012)
     http://www.koyoshobo.co.jp/backnumber/detail.php?isbn=2301-7

9) 『アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために』 (世界思想社、2011)

   植木 照代 (監修), 山本 秀行 (編集), 村山 瑞穂 (編集) 吉田美津、深井美智子共著
   http://sekaishisosha.co.jp/cgi-bin/search.cgi?mode=display&code=1539

8) 企画 ・ エコクリティシズム研究会
   編集 ・ 伊藤詔子 横田由理
  浅井千晶 城戸光世 松永京子 真 野 剛 水野敦子
   執 筆陣 ・ エコクリティシズム研究会MESA、 AALA会員有志40

  『オルタナティヴ・ヴォイスを聴く
  エスニシティとジェンダーで読む
――現代英語環境文学103選――
』  (音羽書房鶴見書店, 2011)

7) 『英語圏諸国の児童文学I― 物語ジャンルと歴史』 (ミ ネルヴァ書房2011)
   
http://www.minervashobo.co.jp/book/b122285.html

6) Arimichi Makino, ed. Melville and the Wall of the Modern Age (南雲堂、2010)


5) 亀井俊介監修  『マーク・トウェイン文学/文化事典』(彩流社, 2010年)


4) 杉野健太郎(著、責任編集)『アメリカ文化入門』(三修社, 2010)


3) 福屋利 信 『ビートルズ都市論』(幻冬舎新書, 2010)
 

2) 下楠昌哉編集責任『イギリス文化入門』(三修社, 2010)


1) 『アメリカ文学研究のニューフロンティア』 (南雲堂, 2009)
     http://www.nanun-do.co.jp/literature/